車検 税金

車検の税金

Eu-poseidon.com > 車検 > 車検の税金

車検の内訳でしめるもの

車検の内訳で最も大きくしめているものが、税金と、保険代です。

 

車検時にかかる税金とは、
自動車重量税のことで、税率は自動車の重量によってその区分が決まっています。

 

例)
自家用乗車で、車重が1トン以下の場合その金額は、3年で約37800円。

 

このように結構な金額が、車検時には徴収されてしまいます。

 

また、車検を受けるときにその車に対して税金を納めていないと、
次の車検を受けられないというデメリットがあります。

 

法人の場合だと、車を営業用にすることで、税額が約半分ですみます。
効果的な節税方法ですので、ためしにチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

 

車検時に支払う自動車税を滞納すると、追徴課税がかかってしまいます。
その額は結構な額ですので、貯めずに支払っていくのが当然無難です。

 

もし、支払うことができず、滞納してしまった時は、
最寄の役所で交渉をすると分割に応じてくれることがあります。

 

きちんと自分の支払いの意志を役所に伝えることで、差し押さえという事態をまぬがれることができますので、
もし、車を差し押さえられてしまう!という人は、ぜひ交渉にいくべきでしょう!

 

車検は新車だと3年ごと、登録済みの車だと2年ごとに更新時期がきます。
その時のためにできるだけお金をつくっておくようにしないといけませんね。

Link

カード印刷
カード印刷が、安い・早い・綺麗の日本カード印刷。各種カード、特殊印刷を幅広く取り扱いしております。

関連記事