Eu-poseidon.com > 個人輸入 > デメリット

個人輸入ビジネスでのデメリット

個人輸入ビジネスを始める前にいくつかの注意点を知っておかなければなりません。

 

ここでは、個人輸入のデメリット面に注目して解説しています。

 

 

関税リスクを考慮する

個人輸入ビジネスには、関税コストがかかってきます。

 

個人輸入を趣味としてやるのならば、ほとんどの場合考える必要はないのですが、ある程度取り扱う商品金額が高くなると、関税がかせられてしまいます。

 

関税+配送コストが経営者にかかってきますので、それを見越した仕入れを行わないと儲けることは出来ません。

 

まずは関税に関する知識を身につけましょう。

 

 

商品トラブルについて

 

海外から品物を個人輸入する時に、商品に傷がついたりするのはたまにあることです。

 

また、向こうから送られてく商品の状態が悪かったりなど、個人輸入ビジネスには様々なトラブルがついてまわります。

 

それらをある程度見越した上で、慎重な取引を心がけなければなりません。

 

返品対応など、そういった交渉力があったほうがいいでしょう。

 

 

在庫リスクについて

 

売れると思った物が、輸入してもそれほど売れないと在庫として抱えてしまいます。

 

最初のうちから、高ロットでの取引は控えたほうがいいでしょう。

 

上手な個人輸入のやり方としては、注文を受けてから仕入れるといった方法もありです。

 

自分なりのビジネス展開をしていきましょう!

 

リンク

相続税の申告、相続財産の名義変更、遺言の作成のご相談はSBC相続サポートセンター大阪へ。
相続税の相談窓口はこちら

 

大阪で税理士をお探しなら。会社設立・起業・相続・税務で、顧問契約数700と実績豊富な税理士法人SBCパートナーズへ。
大阪の税理士 SBC

 

 

関連記事