個人輸入の円高と円安

円高と円安

Eu-poseidon.com > 個人輸入 > 円高と円安

個人輸入(円高と円安) 

■個人輸入(ドルと円)

 

個人輸入は、円高と円安の違いなどを理解することが大切になります。

 

今は円高?円安?の判断基準は人によって違い、円高円安を理解する為には、アメリカドルと日本円のレートなどをみながら判断します。
※オーストラリアやカナダなどもドルなんですが、ドルといえばアメリカドルが基本になります。
※オーストラリアはオーストラリアドル カナダはカナダドル ヨーロッパはユーロが多い イギリスはポンド スイスはフラン

 

 

■個人輸入(円高と円安)

 

1ドルが100円だったものが、1ドルが110円にレートが変動した場合は円安ですか?それとも円高ですか?

 

1ドルのものを買う際に、以前は100円で買えた物が、110円必要になるということはドルに対して、円自体の価値が下がっていることになります。

 

反対に1ドルが90円だったものが、1ドルが80円になると、この場合は1ドル札に両替するのに、90円が必要でしたが80円で両替ができるという事になります。

 

ドルに対しての円の価値が下がったことを円安といい、反対にドルに対しての円の価値が上がる事を円高といいます。
個人輸入なんですが、ドルで決済しますから、為替レートの変動は重要なので毎日チェックが必要です。

お役立ちサイト

カラーコーディネートをもっとうまくなりたい方。色彩検定全国1位のカラーリストがあなたのパーソナルカラーを診断し、カラーのアドバイスをいたします。カラー コーディネート

 

サイパンのおみやげに食べ物以外でお探しなら「プルメリアフローティングキャンドル」はいかが?
プルメリアの形をしたフローティングキャンドル。女性に人気です。水に浮かばせ灯りをともせばリゾート気分!うれしい個別包装ありです。サイパン 土産

関連記事