会社設立のデメリットとは

デメリット

Eu-poseidon.com > 会社設立 > デメリット

株式会社設立の金銭的デメリット

◎会社設立のデメリットは、会社設立時に掛かる費用や色々手間が掛かる事です。

 

会社設立の定款の作成を、司法書士に頼むと手数料が掛かります。 
※約21万から30万ほど掛かると思われます。

 

◎決算時の会計処理 
 ※法人の場合は複式筆記で、会計をする必要があるようです。

 

◎労働保険 社会保険(厚生年金 健康保険)など負担が増える。

 

◎会社が赤字の場合でも税金の支払いが発生する。
 ※赤字の時支払わなくて良い税金は法人税(国税)と法人事業税(地方税)ですが、法人住民税(県と市への地方税)は赤字でも、毎年7万程掛かります。

 

◎会社の資金 資産を勝手に使えない。

 

◎交際費が全額算入できない。

 

以上が、株式会社を設立する上でのしかかる金銭的なデメリットです。

 

 

■株式会社設立後のその他のデメリット

 

取締役と監査役は、任期10年ですが、定時の役員の変更が義務づけられていて、決算期の三ヶ月以内に株主総会、取締役会で役員の選びなおしをしなければいけません。

 

会社を運営していく上でもっとも重要なことは、人材の育成です。
人材の育成は、一番重要なことにもかかわらず、もっともとらえどころがなく、正解のない問題でもあります。

 

企業によっては人材教育をマニュアル化し、社員にわかりやすく説明することに力を入れているところもあります。
株式会社設立のデメリットはまさに、その手間と時間がかかるということですね。

便利なサイト

ロープライスながら仕上がりは、しっかりとした上製本。キューズプラスの卒業アルバムなら安心してご制作いただけます。
先生のための卒業アルバム作成・制作サイト

関連記事