会社設立の税金

税金について

Eu-poseidon.com > 会社設立 > 税金について

会社設立の税金について

会社設立の税金についてなんですが、個人事情の場合に掛かる税金は、所得税 住民税 個人事業税の3つです。
課税所得の税率です。

 

195万円以下の場合は5%です。 

 

195万を超え330万以下の場合は10%です。 

 

330万を超え695万の部分は20%です。 

 

695万を超え900万の部分は23%です。

 

900万を超え1800万の部分は33%です。

 

1800万を超える部分は40%です。

 

1800万を超えた場合なんですが、住民税と、個人事業税を含めると約半分近い税金を納めてる事にきずきます。

 

 

■株式会社設立の税金について

 

株式会社設立の法人の税金についてなんですが、法人化した場合に掛かる税金は、法人税 法人住民税 法人事業税の3つです。

 

800万以下の場合は22%です。

 

800万を超える部分は30%です。

 

目安として800万を超えるなら法人化するか?と考える方も多いのではないでしょうか。

 

 

■株式会社設立の税金以外の面

 

株式会社設立の法人の税金以外の面も知る必要があります。
法人にすると、どんな違いがあるのか?理解する必要があります。

 

信用度の向上 有限責任に変わる 融資が有利 事業拡大できる可能性 社会保険と厚生年金の加入 決算日の説定 など色々なメリットがあります。

PRリンク

大阪市内の集荷なら15分〜1時間以内に伺います。
日本全国当日便発送で「今からすぐ届けたい」に対応します。
当日便ならこちら

関連記事