会社設立の最低限の用意

最低限の用意など

Eu-poseidon.com > 会社設立 > 最低限の用意など

株式会社設立の最低限の用意など

会社設立時に掛かる費用や色々手間が掛かる事を頭に入れて、会社設立の最低限の用意する必要があります。
会社設立の定款の作成などで、合計約21万から30万ほど掛かると考えておく必要があります。

 

決算時の会計処理なんですが、法人の場合は複式筆記で面倒のようですので、苦手の場合はできる方を入れる必要があるかもしれません。

 

労働保険 社会保険(厚生年金 健康保険)など負担が増える事になります。

 

会社が赤字の場合でも法人住民税(県と市への地方税)の支払いが毎年7万程発生する。
※赤字の場合支払わなくて良い税金は、法人税(国税)と法人事業税(地方税)です。

 

会社の資金 資産を勝手に使う事はできません。
交際費が全額算入できません。

 

 

■株式会社設立後の事

 

取締役と監査役は、任期10年です。

 

定時の役員の変更が義務づけられています。
※決算期の三ヶ月以内に株主総会、取締役会で役人の選びなおしをします。

 

人事異動など、人間関係などで精神的なストレスに耐える必要が有るかもしれません。

 

株式会社設立の最低限の用意は、費用など金銭的な事以外に、人材の確保 後は人の上に立つ人間になるので、精神面が強いほうが良いと思われます。

リンク

難波でマッサージをお探しなら、リラクゼーションサロンオアシスへ是非どうぞ。本格的エステサロンで至極の癒しで疲れたからだをリセットしにきませんか。
難波リラクゼーションサロン「オアシス」について

関連記事